徒然なるままに。

徒然なるままに日々のこと。なんちゃって教員の備忘録。

大きな大きな山に向かいつつ・・・。

    先日、所属する大学院の課題研究の成果発表会を無事に終えることができた。2年に渡る大学院の生活で多大な時間を本研究に費やしてきただけに、やり終えたという充実感を得る一方、もっとこうすればよかった、ああすればよかったと色々と悔しい気持ちも存在しているのが正直なところである。この課題研究で自身が学んだこととはいったい何だったのか。本稿の機会に振り返ることとしたい。


    私の研究の目的は2つある。難しくなるが、一つは「ESDを実践する学校において、教職員のESDの認識の変容過程を明らかにすること」であり、もう一つは「その学校に対して教職員は学校組織の特性を、どのように認識しているかを明らかにすること」であった。分析手法として木下(2007)によって開発された修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(Modified Grounded Theory Approach 以下、M-GTA)を用いたことにより、前者の目的はモデル図として明らかにし、後者の目的はモデル図の中の概念として明らかにすることで本研究の目的は達成できたと考えている(詳細は課題研究成果報告書を参照)。

     大学院で求められる学術研究は学校現場で行ってきた授業研究会とは違う。特に私のテーマは教職員の内面的な意味付けを探るものであるため多くのインタビューを必要とし、そのプロトコルの作成や解釈に、ほとんどの時間を費やすことになった。何より研究初心者ということもあり随分と遠回りしてしまったという実感もある。結果としてボリュームが大きくなり過ぎてしまい二つの論文としてまとめることとなったが、時間を費やして学んできたにもかかわらず、報告書に成果として書けることは僅かなことであった。そして、その導いた結論というものは、多くの現場の教師にとって価値があるものではないとでさえ考えている。

    西城(2008:81)は研究の意義について「(中略)問題意識を共有してくれている人は『ああ、この研究は意味があるね』ってわかってくれる。でも、何も知らない人にとっては『え、そんなの当たり前じゃない』ってなることも少なくない」と述べている。研究の位置づけや意義というものは、先行研究や方法論を詳しく理解している人、また研究対象に関心がある人には伝わりやすい反面、そうでない人にはどうしても伝わりにくい面があることを感じてきた。ある研究者の方が「学術論文というのは、学術好きの同人誌みたいのもの」と言っていた。言い得て妙だと思う。

    何より私自身が、現場にいたときに学術論文といったものを好んで読むことはなかったし、たまに紹介などされて手に取る機会があっても価値を見出せなかったし、ほとんど理解が出来なかった。自己の体験に過ぎないが、それだけ研究で得られた理論というものが、現場の一教師に伝わるには難しい面があると感じてしまう。もちろん、自身の能力不足という点は大いに認めつつも。
   

   では、私がこの研究で学んできたことは何ももたらしてないのであろうか。いや、そうではないであろう。パソコンと書物を片手に「あーでもない、こーでもない」と煩悶し右往左往した日々、研究仲間や大学の先生方と議論した日々、そうして費やしてきた多大な時間こそが、本研究に対する深い理解だけでなく自身の「教育とは何か」との深い理解につながったのだと考えている。研究といっても、ただ単にテーマを分析手法に従い手順を踏んで解決するものではない。なぜその手法を選んだのか、なぜ、そのテーマが問題なのか、そもそも教育や人、現象をどうとらえているのか、といった認識論そのものに対する自身の理解や限界が問われることになる。大げさかもしれないが、本研究を通し歩んだ日々は、自身の教育哲学的基盤といったものを少しずつ構築する日々であったのだと今振り返って思う。

    18の時だったと思う。恩師が古典をひいて「山に近づけば近づくほどその高みが分かると共に自分の微弱さを知る。それは学問も同じようなものである」という趣旨の言葉を語ってくれた。僅か2年ばかりの限られた研鑽ではあったが、恩師の言葉の如く学べば学ぶほど、積み上げられた膨大な知に驚かされ、自身の浅学に気づかされる日々でもあった。
    だが、研究を歩む日々は苦しいだけの道のりであったわけではない。インタビューを通して多くの方々に教職員としての歩みを伺ったのだが、私にとって、この時間が何よりの至福の時間であったのである。今まで知りえなかったエピソードに出会えることで相手をより深く理解することが出来たし、相手が過去を振り返る中で、自己の体験に深い意味付けを見出す瞬間が生まれる場面も生まれた。そうした時間を共有できることはインタビューアーとして、この上ない喜びであった。そんな経験は、指導教官と共に質的研究について中学生に授業を実施するという貴重な機会ももたらしてくれた。
    M-GTAを開発した木下は「M-GTAによって得られた理論は、その結果が現場で活用され、相互的な交流が生まれることが重要である」と述べている(木下・萱間、2005:366)。自身の研究の成果を研究対象となったA小学校をはじめ幾つかで発表させていただいた。先ほど述べたように、案の定、私の報告に対して意義を見いだせず批判的なコメントとをくれる人や眠たそうに聞いている人たちがいた一方で、モデル図を通して自身の認識の歩みを振り返ったり、自校とA小学校との比較をしたりするものが予想より多くあり驚かされた。また、ある方たちは、報告の終了後にESDの実践校の可能性について議論を交わしていた。自身の拙い研究が何かしら現場に伝わっている実感が湧き、努力が報われたように感じて胸が熱くなった瞬間である。それは、大学院で何度となく聞いてきた「理論と実践の往還」という言葉を自分なりに体現できた瞬間でもあったように思えた。 
    忘れてならないのは、頂いた批判的なコメントを研究を深める貴重な意見であり、価値を見出せない人たちがいたのも事実であることを受け止めることであるとも思う。

    現場に立つ教師だからこそ、現場に還元できるより良い研究の在り方、「理論と実践の往還」の在り方を求めていきたい。これで研究の道を終わりにすることは2年間の努力を無に帰するようにさえ今は感じている。4月から迎える新たな場で、目の前にいる子どもたち、保護者、同僚に対して、どのような「理論と実践の往還」が出来るのであろうか。また経験則だけで突き進む教師に戻るのであろうか、それとも何でも理屈をこねる教師になるのだろうか。我がことながら見ものである。

    何やら難しいことを考えすぎる癖がついた。心と体を少しばかり休めて、また新たな気持ちで楽しみながら山に向かって歩くこととしよう。

     最後に、私の2単位のために、ご尽力頂いた指導教官をはじめ大学の諸先生方、学生の皆さん、そして、研究対象校であり所属校でもあるA小学校の皆様に心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 ※この記事は大学院での「課題研究の振り返り」を編集したものです。

 

引用文献
木下康仁(2007)『 ライブ講義M −GTA 実践的質的研究法 修正版グラウンデッド・        セオリー・アプローチのすべて』弘文堂。
西條剛央(2008)『ライブ講義・質的研究とは何か SCQRMアドバンス編‐研究発表        から論文執筆、評価、新次元の研究法まで‐』新曜社
木下康仁・萱間真美(2005)「修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(M-        GTA)について聴く―何を志向した方法なのか,具体的な手順はどのようなものか」『看護研究』第38巻7号、pp. 349-367

学びを次世代へ

今日は附属国際中等教育学校で、自身が専門で学び実践してきた「ライフヒストリー・インタビュー」をもとにインタビューと研究についての授業をしました。まさかの指導教官とのコラボ授業です。
国際中等の子供たちは、カリキュラムで中学一年から研究の一歩を学んでいきます。その入り口となる位置付けの授業でした。
100人を越える中学一年に飛び込み授業というのは、かつてないチャレンジでしたが、研究の集大成であるこの時期に、自身の学びを次世代に伝えられること、そしてお世話になった指導教官と授業を出来ることはこの上ない喜びでした。
子供たちの振り返りには、私のねらいを遥かに越えたものも・・・。授業後の指導教官から「授業をしてるとき、別人のように生き生きしてたよ」との言葉が、何だかいつまでも心に響いた一日でした笑。お世話になった皆様ありがとうございました。

この4カ月ほどの取り組み

 約3カ月ぶりのブログとなりました。

  この3、4ヶ月ほど、取り組んできたことに論文の執筆があります。この2年間取り組んでいるメインの論文とは別に2本の論文を仕上げることにチャレンジしてきました。メインの研究論文を差し置いて別の論文を書くという、相変わらず無謀な後先考えずにやってしまう自分が愛おしくて仕方ない今日この頃です。

   どちらも取り組む機会を頂きチャレンジしたのですが、別の理由として『普通は2年間で一本仕上げる論文を3つも書いていれば、私の大学院派遣に対する悪友たちからの「税金の無駄」との説得力ある指摘に反論できるのではないか』との浅はか過ぎる仮説の存在がありました。案の定、自分の力のなさを思い知った3,4カ月でもありました。

   しかしながら、1年目に比べて授業の負担が少ない2年目だからこそ、出来たチャレンジであったと思います。もちろん、これだけに時間を割いてきたわけではありません。あれやこれや公私含めてありましたので、大変に忙しい日々ではあったのですが、めいっぱい学べた4カ月でもありました。後悔はありません。まだまだ修正は必要なのですが、先日、どちらも第一稿の終わりが見えてきてほっとしているところです。

 この間、このブログも放置状態でありましたが、少しずつ、また綴っていきたいと思います。日々書くという作業を通して、自分の記録を残すことはもちろん、文章を書く作業を通して言葉で考える習慣をつけていきたいと思います。もちろん、この4カ月も論文を通して書く作業はしてきたのですが、論文とブログでは文体も目的も異なりますし、どう考えてもブログの方が気が楽に書けます。色々書き溜めたネタもありますので、少しずつ出していけたらと思います。数少ないマニアックな読者の皆様。今後ともよろしくお願いします。

 

それでは次回のブログは3か月後とします。ごきげんよう

ウヴェ・フリック , 鈴木 聡志 訳『質的研究のデザイン (SAGE質的研究キット) 』,2015. 第4章

第4章について
ウヴェ・フリック , 鈴木 聡志 訳『質的研究のデザイン (SAGE質的研究キット) 』,2015. 第4章
「質的研究のデザイン」について
 
〇研究デザインとはなんだろう?
 
研究デザインとは研究の焦点を減らすことらしい。あれこれややこしくしないで焦点を定めるってことなのかな。
 
 
この章はRaginのこんな言葉の紹介から始まっている。
 
研究デザインとは、研究者が提起した問いに答えることを可能にする、証拠の収集と分析のための計画である。1つの研究についてのデザインは、 データ収集の細部からデータ分析の技法の選択まで、研究のほぼすべての側 面に及ぶ。」 (Ragin, 1994, p.191)
 
 
質的研究が良く批判される曖昧さ。
マイルズ とヒューバーマンわざわざ、
 
「あなたが聞いたかもしれないこととは反対に、 質的研究のデザインは存在するのである」(Miles & Huberman, 1994, p.16)
 
と 指摘している。
 
質的研究の研究デザインのとらえについて、様々な人たちの定義やモデルを紹介しているんだけど、ある意味、どれも量的研究との違いをあえて際立たせるために定義しているようにも感じられた。
 
 
〇デザインの構成要素とトライアンギュレーション
 
研究デザインの構成要素として、サンプリングや意図された比較、意図された一般化、読者と執筆などがあげられ検討されているのが面白かった。研究デザインというものを単なる計画書のようなものでとらえるのではなく、研究全体に与える要素として述べていたからである。
 
大学院で何度も出てきた言葉「トライアンギュレ―ション」にも触れられており、一つの方法論的アプローチだけでなく、研究視覚を洗練、熟考することで研究デザインをより確かなものへと変容させられることを述べている。
 
自分の大学院では定期的にグループと呼ばれる単位で、各自の研究を検討し合っている。量的研究の人もいるし質的研究の人もいる。こうした取り組みは、トライアンギュレ―ションと言っていい。
また、自分が関心のある質的研究と量的研究の混合アプローチもトライアンギュレーションとしての考察である。
 
 
〇2つの研究事例
 
この章で紹介されていた2つの研究事例は、述べられてきた解説の実際を事例を通して理解することができ有益であった。事例を通して説明されていることで、研究当初にあった包括的で複雑な関心が焦点が定まった研究へと進化していくかが理解しやすい。
 また有名な専門家たちでさえ、予定にはない事態に制約を余儀なくされながら、すすめている様子が感じられ。(特に質的研究はその傾向が強いように感じる。)親近感がもてた(笑)。研究そのものに七転八倒して取り組んでいるのは私だけじゃないさ。
 
 
〇立ち戻る場所。 リサーチクエスチョン
 
要するに良いデザインは明確な焦点をもっていて、明確なリサーチクエスチョンがあることだという。
 
『研究デザインとリサーチクエスチョンによって、研究を、リサーチクエスチョンに答える本質的な課題へと絞り込むことが出来る。』(p65)
 
『良いデザインは明確な焦点をもっていて、明確なリサーチクエスチョンをめぐって作られる。』(p65)
 
リサーチクエスチョンがしっかりすれば、研究がぶれても、また立ち戻れるってことなんだろう。
大学院に入ってから何度も指導教官から教わったことと同じ。

韓国より帰国

先日、無事に「韓国政府 日本教職員招聘プログラム」を終え、日本に帰国しました。
現地での学校や委員会訪問、授業、ホームビジット、そして国内外の仲間との繋がり・・・。あげればきりがありませんが、全てが貴重な経験となりました。

お世話になったACCU(公益財団ユネスコアジア文化センター)の皆様をはじめとして、本プログラムに関わった多くの皆様、そして快く送り出してくれた所属校、大学院関係者の皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

親不知で日々の有難みを知る

〈近々私に会う方へ。〉
歯医者で親不知を抜こうと試みましたが、抜くことが出来ませんでした。左の頬が少々腫れております。明日に腫れが収まることを願いますが、そうもいかないそうです。そんで下記のお願い。

①顔を見ても笑ったり、ネタにしたりするのはやめましょう。(気もちはわかりますが、つられて私も笑うと痛みが走ります。)
②理由を尋ねるのはやめましょう。(語りたいのですが、痛みで口が開かない、話しても言語不明瞭です。)
③許可なく頬を触るのはやめましょう。(もとより許可などしません。)
④毎日の食事に感謝しましょう。

一番伝えたいのは④です。食事を3度も食べることが出来る日常のありがたさを痛感しました。何気ない日々のありがたさを学ぶこともESDでございます。

〈研修日誌を書くと言こと〉

 

 昨年度から研修日誌を大学院で書いていますが、本年度は研修に行く機会が前年度の倍あり、書く回数も多いため、パソコンに向かって省察を試みている日々なのであります。
 単なる記録、感想文として機械的に書けば簡単に済むのですが、(そうして済ませてきたことも数多くあるのですが、)せっかくの学びの機会なのと、大学院での学びを少しばかりでも深めたことによって、省察をすることの意義も感じているので、自身の内面に向き合って書くことを繰り返してきました。

 どんなことでも数を繰り返すと、成長していくのと同じように、この書くことによる省察も繰り返して行ってきたことにより、日誌に書く内容にも変化が表れてきたことを自分でも感じることが多くなりました。

 自分が授業や学校の風景を見て、どんな場面に違和感をもったり、どんな場面に関心をもったりするのかが良く分かります。また授業や学校経営そのもについても見る視点が、昨年度より明らかに変わってきたことが、日誌を読み返すと明らかになります。

 しかしながら、この日誌と言うものは、研修校への提出と大学院への提出が義務付けられているため、どこかに「読まれること」を意識して書いている自分がいるのも事実です。


 その意味で、本当に自分の内面に対して忠実に省察が行われた記録かと言うと、「なーんちゃってー(^▽^)」と舌を出し、ありのままの自分を制御する自分がいるのも事実です。どうしたって、学校と言う複雑な組織で生きる一人の小学校教員の本音やギリギリの感情の全てまでを記すことはできません。

 そうです。「ありのままのー♪(*^-^*)」なんて簡単に教え子たちは歌っていましたが、中年のオジサンは、本音と建て前を使い分けて生きるのです。いや、そう生きなければならぬのです。そして何より大切なことは、提出が義務付けられていなければ、怠惰な中年オジサンは、そもそも省察を日誌で記す行為などできません。
 パソコンに向かいながら、私は本音と建て前、義務と権利の世界を複雑に飛び回りながら、生きていることを改めて気づかされました。ありがとう。