徒然なるままに。

徒然なるままに日々のこと。なんちゃって教員の備忘録。

〈研修日誌を書くと言こと〉

 

 昨年度から研修日誌を大学院で書いていますが、本年度は研修に行く機会が前年度の倍あり、書く回数も多いため、パソコンに向かって省察を試みている日々なのであります。
 単なる記録、感想文として機械的に書けば簡単に済むのですが、(そうして済ませてきたことも数多くあるのですが、)せっかくの学びの機会なのと、大学院での学びを少しばかりでも深めたことによって、省察をすることの意義も感じているので、自身の内面に向き合って書くことを繰り返してきました。

 どんなことでも数を繰り返すと、成長していくのと同じように、この書くことによる省察も繰り返して行ってきたことにより、日誌に書く内容にも変化が表れてきたことを自分でも感じることが多くなりました。

 自分が授業や学校の風景を見て、どんな場面に違和感をもったり、どんな場面に関心をもったりするのかが良く分かります。また授業や学校経営そのもについても見る視点が、昨年度より明らかに変わってきたことが、日誌を読み返すと明らかになります。

 しかしながら、この日誌と言うものは、研修校への提出と大学院への提出が義務付けられているため、どこかに「読まれること」を意識して書いている自分がいるのも事実です。


 その意味で、本当に自分の内面に対して忠実に省察が行われた記録かと言うと、「なーんちゃってー(^▽^)」と舌を出し、ありのままの自分を制御する自分がいるのも事実です。どうしたって、学校と言う複雑な組織で生きる一人の小学校教員の本音やギリギリの感情の全てまでを記すことはできません。

 そうです。「ありのままのー♪(*^-^*)」なんて簡単に教え子たちは歌っていましたが、中年のオジサンは、本音と建て前を使い分けて生きるのです。いや、そう生きなければならぬのです。そして何より大切なことは、提出が義務付けられていなければ、怠惰な中年オジサンは、そもそも省察を日誌で記す行為などできません。
 パソコンに向かいながら、私は本音と建て前、義務と権利の世界を複雑に飛び回りながら、生きていることを改めて気づかされました。ありがとう。

〈去りし友に会いに行く①〉

 

鬼退治に行くはずが、青鬼に連れられて鬼ヶ島から逃れた仲間を確保しに行くことに。そんで今日は小平へ。要するに大学院で共に学んだ現職の仲間たちが、現場に帰り何を実践し、何を感じているかを探る旅でした。

 

いやー楽しかった。本当に学べるフィールドワークでした。

何がって、今日確保しに行った先生は、昨年度の学びを現場で生かして自分のものにしてる。そして、本人もそれを実感していたからです。

 

もちろん課題や限界も感じつつも、クラスにも学校にも、そして地域にも変革の波を起こしていました。
それが授業実践でも放課後の本音インタビューからも、バシバシ伝わってきました。
確実に彼の授業観、児童観、学校観は変容していました。そして、今までの経験と昨年度の学び、そして現在の実践についてメタ認知でとらえることができていたのです。

 

「うーん、わかるわかる。」「へぇー」「まじで!?それで、それでそれで?」ってこっちが、オープンクエスチョン意識せずとも出まくるインタビューをさせてくれて感謝、感謝。

共に同じ時間を過ごしたからこそ、わかり合える対話、新たな気づきをくれる対話でした。もう一度、インタビューを聞き直して、振り返りを起こしたいと思うほど、印象的な言葉が多かったです。

 

そんな中でも、強く感じたのは

「大学院に入る前に、こだわっていたことは何だったのだろうと思う。現場に戻ってこだわりを捨てたら、大したことはなかったな。」(趣旨)

 

かな。
この言葉は今の自分に新たな啓示をくれました。はい、読んでいる人に意味はわからなくても良いのです。自分にわかれば。

 

もちろん、これから確保しに行く仲間たちには、大学院で学んだことを生かせずに苦しんでいる人もいるでしょう。むしろ学んできたことが、即実践に繋がっている仲間は、少ないかもしれません。
しかしながら、そうした仲間たちにも会って何を感じ、何が障害となっているか、本音を聞くことが、この旅の目的にもなります。

 

現場に帰って、子供たちと触れ合い、生き生きと語る彼の姿は、昨年度まで私たちが知っている彼とは違う一面でした。残念ながら、彼は鬼ヶ島に戻る気はなく、現在のフィールドで、まだやりたいことが沢山あるようでした。確保ならず!さて、次の仲間探しの旅へと進むことにします。

研究メモ④ 文献より4「サンプリングと選択アクセス」について

第3章について

 

ウヴェ・フリック , 鈴木 聡志 訳『質的研究のデザイン (SAGE質的研究キット) 』,2015. 第3章

「サンプリングと選択アクセス」について

 

はい。3章です。しかしながら、学術本の翻訳って本当に読みにくい(-_-;)

今まで学術系の文献でスラスラ読めた経験が全くと言っていいほど自分にはない。もちろん僕の理解力に原因もあるのだが、今回の章も何度も往復して読むことに…。

そんなんですから、理解力の浅い自分が書いているマニアックな当ブログを読んでくださる危険極まりない人のために、読みにくかった翻訳本のこの章のエッセンスだけでも簡略化してまとめることで、少しでも分かりやすく伝わるようにしていきたい。↓

 

 

この章では質的研究の「サンプリングと選択アクセス」について、今までの章と同じように様々な論文や筆者の経験を根拠に挙げながら説明している。といっても、中心の話題はサンプリングのこと。

 

  • 量的研究でのサンプリングと質的研究のサンプリングは違う。量的研究は無作為に定式化されて行われるが、質的研究ではこれとは違う論理で、より定式化されたり、より意図的に柔軟に行われたりする。 
  • 意図的なサンプリングには、極端な例や代表的な例を中心に取り上げたり、利便性を考えたりしてやる例などがある。
  • 質的研究におけるサンプリングには、事例や資料のサンプリングだけでなく、事例や資料内のサンプリングも意味している。取り上げた事例や資料の中から、さらにサンプリングを詳しくしていくってことかな。
  • 行き当たりばったり的なサンプリングはダメだけど、サンプリングをする中で柔軟さも求められてくる。
  • 実証的な調査を行いたいフィールドへのアクセスは重要 

→この章で書いている「アクセス」って言葉は、多分、調査対象へが研究者が信頼して接近していくことだと感じた。

要するに、研究したい対象と研究者が信頼関係を築き、研究フィールドのキーパーソンの人と研究のやり方やインフォームド・コンセントをしっかり明確化することで研究しやすくなるよ、というようなことを述べていたと思う。

それによってサンプリングもやりやすくなる。うん。まぁ当たり前のことですな。

 

 うーん…。要約した文をこれだけ並べてもわかりにくいな。まぁ、でも自分があとで要約を見て、記憶にひっかかり思い返せたりするなら、まぁ良いとしよう。読んでくれた人ごめんなさい。

 

…我々のサンプルは、研究したい対象の、研究対象者の経験とその現象との関わりにおける適切さを代表することが出来なければいけない。ほとんどの研究では経験と関わりの多様さに関心があるため、比較的中心的な事例や中核的な事例ばかりではなく、フィールドにおける多様性と研究対象との結びつきの違いも入手しなければならない。

…たとえば、研究プロジェクトの最初にサンプル構造を決めて、それを援用する、というようにはいかない。サンプリングの決定をステップバイ・ステップで行い、様々な目標を一つずつ追いかけてゆくほうがずっと楽である。(p38)』

 

 初めに計画ありきで、やらなくてもだいたいわかるような研究をコンピュータではじき出して、「ハイ数字で出せました!」じゃーー何だかつまらないよね。もちろんそうした研究の積み重ねが、学問として大切なのもわかる。

でも、質的研究の醍醐味の一つに多様性の証明があるのかな。研究対象やフィールドと深くかかわり、地道に変化を追い、その中で研究者側のリサーチクエスチョンも深まる。そしてサンプリングも変化をしていく。その中で見えてくる、分かってくることがある。

うん。研究する前に読んでいたら、より参考になったかもしれない、そして相変わらず今までの章と同じように理解が難しい三章でしたね(笑)。

つまらないことばかり書いてないで、次回は自分の小学生時代の続きを書こう課と思います。

 

研究メモ3 文献より3 「アイデアからリサーチクエスチョン」について

ウヴェ・フリック , 鈴木 聡志 訳『質的研究のデザイン (SAGE質的研究キット) 』,2015. 第2章 「アイデアからリサーチクエスチョン」について

 

随分と間が空きましたが、読み進めている本の2章の話。自分が進めている研究については、リサーチクエスチョンを明確にもって進めているつもりだが、参考のために第2章の内容も整理。

 

まずこの章では、研究のアイディアについて代表的な研究者の実例を用いて紹介されている。どの研究も、個人的な体験がもとになって関心が生み出されていることがわかる。自分も所属校での濃密な経験がもとになって、研究のアイディアが生まれていることは間違いない。どれだけ日々にアンテナをもち、「なぜ?」という問いをもち続けることは、研究の分野とか実践のレベルを越えて大切なのだと思う。

 

アイディアからプロジェクトを展開して、リサーチクエスチョンに練り上げる段階を第二段階として説明している。この第二段階では研究視覚(reserch perspectives)が必要と言っている。

「研究視覚って何だっけ?」と1章を読み返すと、ようするにデータ収集の方法とか、理論的立場とか、アプローチの仕方とか、記述の仕方などで、どんなやり方をとるか、という話らしい。どんな研究視覚を取るかで、研究そのものも変わってくるし、その逆で研究の目的によって研究視覚の選び方も変わるだろう。

自分が何を調べたいのか、リサーチクエスチョンを明確にしておくことが大事だという。そりゃそうだろう。研究なんだから。

 

「しかしながら質的研究やグラウンデッド・セオリーの初心者にとって、研究に答えるためのガイドラインとして明確なリサーチクエスチョンをもつことは、十分役立つと思われる。かなり漠然としたリサーチクエスチョンで始まる場合でさえ、最後にはプロジェクトの中で何度も洗練され、定式化され、時には焦点化し直されるだろう(より詳細な説明は、Flick2006,Chap.9 参照)。」 P29より。

 

 大学院での勉強を始める前、研究計画書を作成する上で読んだ本に「研究はテーマを決めたら半分、研究の目的を達成しているようなもの」って書いていたような、書いていなかったような…。

 

 質的研究だからといって場当たりにやっていいわけじゃないよ、漠然としたリサーチクエスチョンでも、焦点化できるように発展させて研究視覚を定めていこうぜ。計画もちゃんとしろよ、認識論、理論、方法論をアップデートしろよ、寝る前に歯磨けよ(うそ。)っていうお話かな。

  もう研究を進めてしまっている自分にとっては、分かっている話だけど、学んだことを整理する意味では有益だった章でした。

僕の小学校時代① ~BとCの覇権戦争~

  自身が小学校の教員ということもあり、自らの小学生時代の原風景みたいなものを、思いつくまま幾度かに分けて綴ります。記念すべき第一回は、私の小学生時代の学力について。

 

 今まで担任をしてきた教え子たちや同僚にも伝えていますが、小学校時代の私はとても勉強が苦手でした。国語や算数はもちろんのこと、体育や音楽などの技能教科も全くセンスがありませんでした。

  算数はチンプンカンプンな記号をひたすら眺めるだけ、図工は、唯一下書きだけが得意なデッサンも、絵の具を塗った瞬間にピカソもビックリの作品の完成、音楽は音痴な歌を歌い周りから苦笑を買う…。はい。皆様ご想像の通り、典型的なデキナイ子というレッテルを張られてしまった小学生です。そんな私とは逆に、姉は何でもできるタイプの女子。比べられることは、とても嫌でした。とにかく学校の授業というもののイメージに対して、訳が分からない&能力が追い付かない取組みを、ひたすら我慢するという印象が強く根付いたと思います。

 

   教師になって気づいたのですが、私の小学校時代の成績は、なかなか、そう簡単に取れるものではありません。成績表記はABCの三段階だったのですが、毎年の評価の欄はBとCのオンパレード。互いに領地をめぐり激しく争っていました。結果として、年間を通すとCが勝利を挙げることになります。時には、Cがこれでもかと言わんばかりに領土を拡張した学年も数度ありました。(何とかBもそれなりにがんばり、Cの全面勝利に至ることはなかったです。) 

 

  そんな自分が小学校の教師になってしまったものですら、子どもたちには

「いいか、先生が小学生の時ほど勉強が出来てない子は、このクラスにいない! そんな先生でも大人になって、こうして働いてご飯食べられてるんだ。だから大丈夫!成績が悪くても落ち込むな!」

と何とも説得力のない論を熱く語ってしまっている教師な訳です。

 

  しかしながら、何とか社会人に慣れた現在の自分も、新しい物事を学ぶとことに対して苦手な意識が付きまといます。事実、人より物覚えが悪いので、勉強でも運動でも音楽でもマスターしている人を見ると、とてもカッコよく見えて、それだけで尊敬してしまいます。小学生時代のある担任の先生と今でも会う機会があるのですが、私はボーっとしていて、活発に活動する子をニコニコしながら見ているような大人しいイメージだったそうです。今でも、その面影があるそうです。

 

 ここまで書くと、学校の生活にとても苦しんで過ごした子に思われる方もいるかもしれませんが、実際は真逆で学校は大好きでした。おかげさまで、友達にはずっと恵まれ、勉強は苦手ながらも楽しく過ごすことが出来たと思います。ですから、私の学校に対するイメージは、とても明るいです。

背景として、貧しいながらも温かい家庭に育ったこと、担任をしてくれた先生方も優しかったことが、友達や学校そのものに対して繋がりが持てやすく過ごせる要因だったのではないかと考えます。やはり、基盤となる見守ってくれる人の存在は、とても大切なのだなぁ、と感じます。授業が苦手だらけでも、こうして学校そのものに対しては明るいイメージをもって育った大人が、世の中にいるのですから。

 次回は、そんな苦手なものだらけの自分が勉強をそれなりに面白いと思ったきっかけや、友達のことでも書こうとかと思います。

研究メモ② 文献より2  質的研究と量的研究について

ウヴェ・フリック , 鈴木 聡志 訳『質的研究のデザイン (SAGE質的研究キット) 』,2015.

の第一章の続き。

 

質的研究か量的研究かってよく議論されるが、どっちが正しいとか、スゴいってことじゃないと思う。どっちも大事だし、研究の考え方(認識論ていうの?)や研究対象に応じて使い分ければ良いのではないか、もしくは補完しあえないのかと。

 

そんな疑問から抱井 尚子,『混合研究法入門: 質と量による統合のアート』 ,2015.なんて本も昨年度読んだが、今読み進めている本にも、分かりやすく両者の研究について述べてあった。

そんで第一章の続きで関心をもったところから。

 

 「質的研究と量的研究の関係に関しても、さまざまな立場が見出せる。まず、この分割された両サイドにおいて、他のアプローチの明確な拒否という立場がある。」(p.9)

 

 質的研究の特徴をよりわかりやすくするために量的研究を対比させるのが基本みたい。んでもって質的研究の存在自体を無視、拒否する量的研究者の方々多くいるとのこと・・・( ;∀;)。

  だけど評価研究のような領域では、折衷主義が特徴としてある!それで質的研究と量的研究の組み合わせについてハマーズレイ(Hammersley,1996.)やブライマン(Bryman,1992)等を紹介されてる。特にブライマンの質的研究と量的研究のの統合する11のやり方は読んでいて面白かった。

  統合することによって、お互いに補完することもあれば、その逆もあり、また全体像をあたえたり、片方の知見を解釈の促進する場合もある。また研究過程の異なる段階で使うなど。統合するといってもいろんな方法があることが学べた。

 

 著者が述べてたのは、二つの研究を結合させることが、将来の社会科学研究の方向性であるとか、質的研究の独自性に見切りをつけるようなことではないということ。

 そして、質的研究は一つの理論プログラムに基づいているのではなく、いくつかの理論的背景に頼っていること(大きく分けて実証主義構成主義)が、とりあえず分かった。

 二つの研究方法を統合させるにしても、どうそれを統合させるか、もしくは補ったり、解釈させるのか、まず自分自身がどういう認識や考え方で研究対象や研究分野に向かい合うかが前提になるのだと思った次第。

 

 そしてここまで読んで、質的研究が対象との関わりをもつことや、研究対象者に新たな洞察をもたらすこと。そして、その実践によって世界の変容をもたらす(デカい 笑!)ってところが、現場教員ならではの強みとして生かせるのではないかと勝手に思った次第。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究メモ② 文献より1 質的研究を探る旅へ。

研究メモ② 文献より1

『SAGE質的研究キット1 質的研究のデザイン』 ウヴェ・フリック監修 第一章より

 

 大学院で質的研究という言葉を沢山耳にしてきた。そして、自身の研究も質的研究にあたる。(多分。)そんでもって、じゃあ質的研究とは何か。interviewしながら共にワイワイすることか、フィールドに入り込んで思うままに記述することか、ナラティブな感じなのか、ってナラティブって何かなのさ、ようするに量的研究じゃなけりゃ質的研究になんのか。

 などと授業受けたり、友と話したりする度に突っ込みを入れたくなる日々を過ごし、結局自分でちゃんと本読んで(読んだつもり、分かったつもりにならずに)理解すること、自分なりに定義することが大事だろ、と突っ込み返しをしたところ、ある先生より上記の文献を薦められて手に取りました。

 以下、まずは苦労して読んだ第一章のメモ。

※ 以下は筆者の極めて個人的な解釈の表現やメモ書きでしかない。

 

〇第一章前半

 

デンジンとリンカンさんが、当面こうなんでいこうようという定義をしている。

「質的研究ってさ。研究する人もその状況に入れちゃうんだよ。

 フィールドノートとったり、いんたびゅーしたり、会話したり、写真撮ったり、記録撮ったりするじゃない。そうすると世界が見えてくるよね。さらに、そのことで、その研究対象に参加してる人がどんな意味を、そこに持ってるか理解したり解釈したりしようとすること、それを意味するんだよね」

  ふーん・・・。

 

かなりの質的研究が解釈的アプローチ取っているが、認識論と方法論のレベルで違う。

(それでいいんかい・・・(-_-;))

要するにデンジンとリンカンさんの定義は、定式化することの難しさを表してる。

 

〇質的研究の増殖増殖って・・。他に良い翻訳なかったのかな。)

社会学、教育学、心理学、健康科学…。でも、質的研究とは何かというパラダイム的な核心の発展してない。

イギリス、アメリカ、ドイツ、それぞれに違いがみられる。

学問も異なったら、異なる言説になってる。

領域特異的な言説の多様性が大きくなっている。例 健康科学、経営学 評価におけるかなり限定的な質的研究

 
〇基本原理としての適合性(appropriateness)
 質的研究の発展は3つのしかたで適合性の原理に結びつく。
 ①初期のエスノグラフィーの方法が、研究者たちの他者への関心に満たされていた。
 例
・非西洋文化と研究者の西洋文明との違いを理解すること
・比較が比較アプローチに拡張。後にはシカゴ学派のような研究者自身の属する文化の特殊な部分を理解し記述する応用
・異なる発達段階における子供の発達と思考の理解への関心から研究方法を発展させたピアジェもその例
・研究で発見された問題の特徴から生じた。そうした研究に直ぐ適用できる、発展した方法論の欠如から生じた
 
②1960-70 質的研究ルネサンス
確立された方法論とそれを使ってはうまく研究できない問題とのギャップから。
心理学とか社会学とかも、実際は重要だが小規模で理解しにくい問題を掴み損ねていた。で、そういうことがますます増える。そんな経緯が影響してるんだって。
 
③経営から評価までの事例全てで、諸事例に適する質的研究をもとうという要求に促されて、方法論上の特定の言説が発達してきた
 
〇学問としての質的研究、応用という文脈置ける質的研究
質的研究はときに研究目的は研究対象を変化させることであったり、意味のある知識を生み出すことだったりする。
 
〇道徳的言説としての質的研究
研究者の「実践が世界を返還する」ことをデンジンとリンカンは強調
①参与観察とか個人史インタビューとかで、そこに参加してる。新たな洞察をもたらす。中立に振る舞ってるんじゃない。
 
②世界を変えることに関わるべき
「我々は誰の側にいるのか?」(Becker,1967)
質的研究は明らかに政治的、その実践によって世界の変容を目指している。
 

 

続く。